気がつきゃなんと50才。もう一辺心と身体を鍛えてみたい。 どこまでやれるか・・・オッサンの自転車ライフ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加東サイクルロードレース回想記
もう一週間以上が過ぎてしまったのですが、10月14日に兵庫県の播磨中央公園で行われた「加東サイクルロードレース」に行って来ました。
実を言うと、その前の「天満屋カップ」で落車したときに強打した肩の痛みがとれずに、行く前からあまりテンションが上がらなかったのですが、それでもエントリーフィーは払ってるし、まあBR-1(実業団の最高カテゴリー)のレース観戦もできるし・・・と言う事で午前4時40分に自宅をKAZと二人で出発。
予定通り6時過ぎに現地に到着して、サイクルジャージに着替え。右肩と左手首にテーピングして痛み対策。
Kato1.jpg

そして、車載カメラを搭載したBianch号で試走へ・・・

そして、スタート迄はローラーでウォーミングアップです。

Kato2.jpg

ここ迄は良かったのです。ここまでは・・・・

40歳以上のマスターズカテゴリーのスタート10分前になったので、出走サインを済ませてスタートラインへ。
少し前にmixiで知り合った「W支部長」さんを探そうとすると、あちらも探しておられた様子で直ぐに発見し、ご挨拶。
ガラパさんの「スタート1分前!」の声で「さて」とハンドルを握り直して前を見る・・・・
「あ、計測チップが付いてない・・・  付けるの忘れてた・・・・・絶句。」
「走っても走った事にならへんやん・・・・・」

ふと我にかえると、「15秒前」・・・・「パーン(ピストルの音)」

何も考えずにペダルにクリートをはめて走り出す。
一応先頭集団中程をキープしてるけど、最初の下りにさしかかった所で、「あー、落車には巻き込まれたないよナー。」とテンションが下がってズルズルと集団後方に。
2週目に入ったら、右肩も左手首も痛くなって来たので、敢えなくリタイア。
今年の最終戦にも関わらず、メチャメチャ後味の悪いレースでしたが、これを肥やしに来年頑張ります。

次はKAZが出走するカテゴリーCのレース


そして、最後はお待ちかねのBR-1カテゴリーのレース。
7月の「はりちゅうロードレース」の時にライディングスクールでお世話になったチーム・マトリックスの広瀬選手も出走するのでVTRを撮りながら応援しました。凄いスピードでド迫力のレースはとっても見応えがありました。
お暇な方はご覧下さい。

スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

新年あけましておめでとうございます。
加東ロード以来書き込みができてなかったのですが、
その後、「紅葉ライド」とか12月には「しまなみ海道サイクリング」とか話題はあったものの書き込みができませんでした。

新年1月3日に、たつの市で行われたヒルクライムレースに参加して来ました。
ヒルクライム2
ヒルクライム1

到着してウォーミングアップをする間もなく、スタート地点まで坂を下って、いきなりのスタートだったので、心臓が口から出てきそうな程キツかったです。

この後、真庭に戻って新春ライドを楽しみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。